2012年06月16日

しぃの表現

単語は知らないけど、しぃちゃんなりに表現した言葉たち。

「ぶにぶにのやつ ちょうだい」→「レーズンちょうだい」

「ふみ(猫)に めろめろって された〜」→「ふみに なめられた〜」

「ザスッて できたよ!」→「スカートのホックが止められたよ!」

4歳になりましたが、まだまだませていなくて、安心して接することができています(笑)

そして、いきなりですが今日見たNHKの「いないいないばあっ」。

色んな色のしずく型の色紙を、蛇口の絵から出して

ワンワン「わぁ〜♪ジュースが出る蛇口だぁ♪お風呂上りに、何を飲もうかな〜♪」

ワンワン「オレンジ色は、、みかんのジュース!ピンクは桃!黄色は、パイナップルかなぁ?」

最後は緑色のジュース。ここはメロンでしょうと思ったら

ワンワン「緑は、青汁かな♪」

幼児の番組に青汁って。これだからNHKは見逃せません。





posted by くるりん at 00:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

今どきは

小学2年生になったるぅ。家では変わらず泣き虫で、甘えたですが、外では「オレ」などと言って一生懸命カッコつけているようです。DSと「ワンピース」「ポケモン」で体の8割出来ているのではないのでしょうか・・。


そんなるぅ。今日「○○は、△△と結婚するねんて〜」とクラスの男子と女子の話をしだしました。

るぅ「るぅは、Cちゃんが一番好きやねん!」

私「え〜でもCちゃんは○○くんのこと好きやったんとちゃうの?」

るぅ「今はCちゃん 嫌いやねんって。それに、○○は、△△に結婚申し込まれてるからなぁ」

私「へぇー・・。クラスで誰が一番もててるん?××くんなんか かっこいいやん」

るぅ「××?あいつは誰にも(結婚を)申し込まれてないからなぁ・・!」

今どきは「申し込む」が好きの意味なのか?と思いつつ、

私「るぅは誰かに申し込まれたことあるん?」と聞きました。すると・・

るぅ「Cちゃんに 申し込まれた」(←ええっ!両思い??)

私「なんて 言われたん?」

るぅ「えぇーっ?(照れながら)『誰でもいいねん』って言われた。」


なんじゃそれ。全然あかんやん。
一気に興味の失せた母でした。


posted by くるりん at 21:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

絵本

宇治 勲さんという方の絵本が好きです。といっても、2冊しかまだ読んでないのですが(笑)

かっこわるいよ!だいふくくん (PHPにこにこえほん) [大型本] / 宇治 勲 (著); P...

たったさんびきだけのいけ (PHPにこにこえほん) [大型本] / 宇治 勲 (著); PHP...
どちらも、子どもの頃に抱いたちょっと黒い感情が思い出されるのに、全体を通して温かく、読んだ後に少し前向きになる感じです。



posted by くるりん at 12:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

小学生男子にぴったり?

「コレジャナイロボ」って、知っていますか?
コレジャナイロボ / メディコム・トイ

レンタルビデオ屋さんで、食品も置いてますっていうお店で見つけた「コレジャナイロボキャンディー」、面白かったです。色は黄、青、赤、紫で、それぞれレモン、ソーダ、コーラ、グレープ味だと思わせて、食べてみると「思ってた味と違う〜!」となります。それぞれの個包装にこっそり「コーラだと思った?」などとセリフが書かれてあるのも私のストライクゾーンでした。

鞄に常備しようかな。
posted by くるりん at 00:10| Comment(3) | 好きなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

幼稚園生活

しぃちゃんが幼稚園に行きだして2週間です。

今のところ、一度も泣かず、笑顔で行って笑顔で帰ってきてくれています。週明け月曜日は、「いきたくない・・」と朝言っていてビクビクしましたが、それでも頑張ってくれています。

幼稚園で習った歌などいろいろ教えてくれるしぃちゃん。

今朝は、パジャマから体操服に着替えているとき、パジャマのズボンを膝までずらして

「パンツ まるみえ しぃちゃんです黒ハート(小首をかしげてほっぺで両手ピースしながら)」

と1人キメていました・・。どこに向かっているんだろう・・。

ようちえんいやや (絵本・こどものひろば) [大型本] / 長谷川 義史 (著); 童心社 (刊)
こんな絵本を借りてみました。最後じ〜んとするいい絵本だったのに、しぃちゃんには合いそうではないです(笑)


posted by くるりん at 23:14| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ある朝のひとコマ

土曜の朝。「おかあさんといっしょ」を観ながら朝ごはんを食べていたしぃちゃん。

朝ごはんを途中でおいて席を立ち、歌って踊りはじめました。(私の中では食事中に席を立つのはNGです)

とりあえず黙認していたら、しぃちゃんは私が静かに怒っていると察したよう。「おかあさんといっしょ」が終わると、そっとテレビを消してそっと席に戻って食事を再開しました。


いつもそのまま続けて「おさるのジョージ」を観るので、もうほとんど食べ終わってるし・・と思って私が「ジョージ」を付けました。するとしぃちゃん。


(微笑みながら)「あっ、ごめ〜ん、しぃちゃんテレビ けしちゃった。あーちゃんジョージみたかってんな!ごめん ごめん」と。


いやいやいやいやいや!私の肩をポンと叩きながら言いそうな勢いでしたけど?!


そんなしぃちゃん、4月3日から幼稚園です・・。





posted by くるりん at 08:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

絵本と「しいあーと」

最近面白かった絵本。


やきいもするぞ [大型本] / おくはら ゆめ (著); ゴブリン書房 (刊)

細かい所まで面白い絵本でした。

もうひとつは

ぼくのトイレ (わたしのえほん) [単行本] / 鈴木 のりたけ (著); 鈴木 のりたけ (...

「ぼくのおふろ」の第2弾です。やっぱり楽しかったです。
続きを読む
posted by くるりん at 07:30| Comment(8) | 好きなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

しぃの言い間違い

「サンタクロース」→「さんたくすくろー」

「まっくろくろすけ」→「まっくろすけすけ」

「目」→「めめめ」

「耳」→「みみみ」

あぁ可愛い。自分で気づくまで訂正しませんよ〜。
posted by くるりん at 09:49| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい買い物♪

先日、寺内町にある雑貨屋さんで「古い本棚」という催し?があったので行ってきました。

外国や、昭和の初めの古い絵本などが並ぶなか、素敵な絵本2冊を買いました。

ひとつは宇宙―そのひろがりをしろう (かがくのほん) [大型本] / 加古 里子 (著); 加古 里子...

 
まずノミがどのくらいジャンプできるかを図で示し、その後はだんだんと規模を大きくしていきます。そして宇宙に・・。最後、「このおおきなうちゅうは にんげんが はたらいたり かんがえたり たのしんだり するところです。この ひろい うちゅうが あなたの かつやくするところです・・」と結んで終わるのですが、最初から読むと、なんだか不思議なおおきな感覚になります。

2冊目は村山籌子作品集〈3〉 川へおちたたまねぎさん [単行本] / 村山 籌子, 村山 知義, 村山...

大正から昭和初期の作家さんですが、お話も絵(絵は旦那さんの絵)もそんな前とは思えないほど素敵です。

そこにおかれている本は、挿絵画家さんで選んだものが多いとお店の方が話しておられましたが、ほんとに全部可愛かったです♪いい買い物ができました。
posted by くるりん at 09:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

宮西達也さん

土曜日に、太子町のイベント「宮西達也さんがやってくる!」というのに行ってきました♪

宮西達也さんの絵本は好きで、るぅもよく読みます。

実際の宮西達也さん、とても素敵な方でした。4日前に手術をしたばかりという驚きのエピソードを笑いに変えて話してくれ、1時間ちょっと絵本の読み聞かせとお話をしてくださいましたが、大人も子どもも大爆笑の時間でした。

ご自身の絵本が教科書に載っているという話の際、「教科書になるときに、多少文章が変わる」ということを知りました。差別につながるかもしれないから、だそうです。

宮西さんはそのことを善しとは考えておられないそう。そんなことするから、差別が生まれるんだと。

そして、こんな話がありました。

「以前講演会で会った男の子。髪の毛はなく、顔もやけどでただれて、手も無かった。その子は、自分で字もかけないし、物を渡すこともできないよ。みんな、その子はもう早く死んじゃった方がお父さんもお母さんも楽になっていいと思わない?」

「そう思わない?」と指名された子は必死に首を横に振っていました。


そして、「そうだよね。その子は一生懸命生きてるし、今も元気で頑張ってる。人間には、上下は無いの。あるのは左右だけだよ」と・・・。


私はそこで、涙がぶわぁっと出そうでした。

宮西さんは、きっとものすごく深い愛情・思慮にあふれた人なんだろうなぁ、と改めて思いました。(絵本を読んでもそのことは伝わってきますが。)

うまく言えないのですが、私が同じ事をるぅに伝えても絶対伝わらないと思います。私自身、自分を人と比べて下に思ったり、逆に自分を上に引き上げて心を慰めることが多々あるから。

そして、上のような質問を投げかけて、誰かが「その子は死んじゃった方がいいと思う」と言ったとしたら、私は固まってしまうだけだろうな、と。

宮西先生は、きっと誰かが「死んだ方がいい」と言ったとしても、愛情をもって応えるだろうと思います。

本当に、お話を聞けてよかった。るぅに聞かせることができてよかったです。

るぅの心のどこかに残る時間であったらいいなぁ。

最後にはサイン会がありました。50〜60人?もっとかな?くらいの人がサインを求めて並びましたが、宮西さん、一冊一冊その人のお名前をいれ、サインする絵本の登場人物のイラストを書いてくれました。

神様のような人です。







posted by くるりん at 20:42| Comment(4) | 好きなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。